ビジネス

メザニンローンとシニアローンの違い

投稿日:

不動産融資の方法にメザニンローンというのがあります。

メザニンローンとは、投資金額に満たない場合に、その足りない部分を対象としてた融資のことを言います。

自己資金と銀行融資でお金を借りたとしても、安心できる融資方法です。

例を挙げると5億円の不動産を購入したい場合に、自己資金が2億円、銀行融資が2億円しかない場合、あと1億円が必要になります。

通常は投資金額が足りないので、購入をあきらめますよね。

でも、自己資金と銀行融資では足りない場合、足り部分に対して融資を行うお金の貸し手がいるんです。

そのお金の貸し手から融資をするのがメザニンローンというわけ。

ちなみに、銀行融資はシニアローンと呼ばれています。

メザニンローンは、返済順位がシニアローンより後になる借入れです。

もちろん、借り手の返済が滞ってしまったら、担保となる不動産を処分してローンを回収する必要はあります。

だけど、メザニンローンの債権者はシニアローンの債権者が回収して余ったお金があった場合にそこから回収できるだけなのです。

つまり、リスクは割と高め。

なので、戦略としてもう一手用意をしておきたいところです。

具体的には不動産を処理するときの売却方法です。

不動産を売却するとき、最近一般的となっているのは不動産一括査定を受けること。

不動産一括査定サイトは数多くありますが、NTTグループ運営のHOEME4Uが一番安心です。

HOME4Uの評判は、「NTTグループだから安心できる」「国内初の不動産一括査定サイトだから不動産会社数も多い」などの声が多い傾向にあります。

もちろん不動産投資物件にも対応していますので、よかったらぜひ確認してみてくださいね。