クレジットカードは支払いだけでなくお金を借りることも可能

現金を持ち歩かずとも、クレジットカードを1枚財布の中に持っていれば、買い物に必要な手続きは済ませることができます。人気の支払い方法ですが、このカードを使って現金を借りることもできます。

クレジットカード払いをする時と違うのは、キャッシング機能を使うことで現金の受け取りができることです。クレジットカード払いに対応していないお店で買い物をする時などは、キャッシングが便利です。キャッシング機能が付帯しているクレジットカードかどうかは、カードを新規でつくる時に決めています。キャッシング機能をつけるための書類を書いているはずです。クレジットカードカードを新しくつくる時に、キャッシング枠を設定したいかどうかや、幾らまでの限度額にするかを決めます。お金を借りる予定のある人は、この最初の申し込み手続きを時に選択しておけば楽です。ただし、単にショッピングに使用できるクレジットカードを発行してもらうより、キャッシング機能つきのほうが審査のハードルは高めです。また、キャッシングには総量規制というルールがあります。これはクレジットカード会社だけでなく、他の金融会社とも関係します。返済能力をオーバーした金額を借りないようにするもので、年収の1/3を上限として、キャッシングが借りられる金閣の合計はそれより多くならないようにするというものです。キャッシングの審査は、一度限度額を設定すれば、その後は何回でもくり返し借りることができますし、ATMからの借り入れ操作も可能になります。審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社