クレジットカードはブラックでも作れるのか

過去に返済トラブルを起こしてしまって、ブラックとして信用情報機関に登録されている人は、クレジットカードを作れるのでしょうか。ブラックの人でも、

条件によってはクレジットカードをつくってもらえることがあります。ですが、なぜキャッシングブラックになったかによって、クレジットカードの審査がうまくいくかどうかはかなり違っています。自己破産や、個人再生が5年以上前の話なら、新しく金融商品を使うことができます。銀行の行う審査をクリアできるようになるには、自己破産や個人再生から10年は経過している必要があります。裁判所を介さずに返済不能状態を解消するには、金融機関と弁護士の交渉により任意整理をすることになります。手続きの内容は公表されるものでは無いので、信用情報機関によっては、記録が残らないことがあります。信用情報会へら個人の信用情報を照会しても、特に問題が起きていないことになりますので、融資はスムーズにもらえることもあります。同様に、クレジットカードの手続きをした時には、審査でクリアできる会社もありますし、早々に断られる会社もあります。信用情報会社の中には、返済を3カ月以上延ばしたことがある人の記録は、5年間残すという場合と、1年で消すという場合などがあるようです。各信用情報会社によって、ブラック情報の扱い方が違っていることに注意をしましょう。1年もすれば、クレジットカードの新規発行はできるようになるということもありますが、最大で5~7年間は、ブラック状態が解除されない場合もありますので、気をつけてください。
ブラックでも即日融資可能